漫画家 塚原洋一の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS bizhub C203からTeraStation WS-Q4.0TL/R5にScan to FTP

<<   作成日時 : 2012/02/13 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<機器>
・bizhub C203
・TeraStation WS-Q4.0TL/R5

<概要>
TeraStation WS-Q4.0TL/R5のWindows Storage Server 2003 R2には、コニカミノルタから提供されたFTP Utilityはインストール出来ない。
なので、FTPサーバーを構築する。

<おおまかな手順>
1. IIS(Internet Information Service)をインストールする。IISはWebサーバーのソフト。
2. FTPサービスを有効にする。
3. FTPポートを公開する
4. 書き込みを有効にし、保存先を変更する

<手順1.IISのインストール>
1.[スタート] - [サーバーの構成ウィザード]
2.[アプリケーションサーバー]を選択して[次へ]
3.「FrontPage Extension」と「ASP.NET」は、チェックしなくてOK。
4.[次へ]を押して、[完了]で完了。

<手順2.FTPサービスを有効にする>
1.[スタート] - [コントロールパネル] - [プログラムの追加と削除]
2.[Windowsコンポーネントの追加と削除]をクリック。
3.[アプリケーションサーバー]を選択後[詳細]ボタンをクリック。
4.[インターネットインフォメーションサービス(IIS)]を選択し[詳細]ボタンをクリック。
5.「FTP(File Transfer Protocol)サービス]をチェック。
6.[OK][次へ]を押して、[完了]で完了。

<手順3.FTPポートを公開する>
1.[スタート] - [コントロールパネル] - [Windowsファイアウオール]
2.[詳細設定]タブ。[ネットワーク接続の設定]の[設定]ボタン。
3.「FTPサーバー」にチェック。
4.[OK]をどんどん押して完了。

<手順4.書き込みを有効にし、保存先を変更する>
1.[スタート] - [管理ツール] - [インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャ]
2. 左側のツリーから「FTPサイト」を選択。
3. 右側の「Default FTP Site」を右クリックして[Properties]を選択。
4.「書き込み」にチェックを入れる。
  [ホーム ディレクトリ]タブのローカルパスに共有フォルダ("D:\share"など)を選択する。
  bizhubからScan to FTPで転送されたデータはこのフォルダに保存される。

*デフォルトでAnonymousは有効になっている。
 (手順4.の「Default FTP Site」のプロパティの[セキュリティ アカウント]タブ。「匿名接続を許可する」にチェックが入っていればOK。ここのユーザー名とパスワードはいじらないこと)
*bizhubでは、ユーザーを"anonymous"にしてファイルパスは"/"にする。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
bizhub C203からTeraStation WS-Q4.0TL/R5にScan to FTP 漫画家 塚原洋一の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる